黒崎彰

黒崎彰/Akira Kurosaki

日本版画界を代表する版画家の一人。京都精華大学名誉教授。大連生まれ。

1960年代後半、現代木版画の旗手として華々しく登場し、浮世絵が完成させた精緻な刷技術を駆使して抽象的な形象の世界を万華鏡の様に展開した現代木版画世界から、紙素材そのものを生かし造形するペーパーワーク作品まで幅広い創作をつづける。版画史研究家、版画教育家としても広く活躍、華麗な受賞歴が物語るように海外での評価も高い。

ただいま準備中です。