版画家・アーティスト一覧

中林忠良
(版画家・ 東京芸術大学名誉教授)
中林忠良

1937年生まれ。日本版画界を代表する版画家。「すべて腐ちないものはない」という思想のもと、白と黒を基調とする銅版腐蝕版画(エッチング)による作品を制作している。

野田哲也
(版画家・東京藝術大学名誉教授)
野田哲也

日本の版画界を代表する作家 野田哲也。浮世絵に現代的解釈を加えた作品は写真を使った謄写版を「主版」とし、その他「色版」や製作方法は全て浮世絵と同じ。自身の日常の断片を描いた「日記シリーズ」を40年以上作り続けている。

門坂流
(イラストレーター・版画家)
門坂流

1948年生まれ。日本を代表するイラストレーターの一人。著名な小説家の表紙絵を多数制作している。鉛筆画やペン画は勿論、30代後半で独学ではじめたエングレービングは今や門坂流の代名詞となっている。

星野美智子
(版画家)
星野美智子

1934年東京生まれ。油絵画家として出発、ほぼ独学でリトグラフ技法に身につけ1970年代から繊細で瞑想性に満ちた黒白の濃淡を生かしアルゼンチンの作家・ルイス・ボルヘスからインスピレーションを得た独自の世界を80歳の今もエネルギッシュに展開し続ける。

河内成幸
(版画家)
河内成幸

1948年、山梨県上野原町生まれ。「木版凸凹摺り」と言う独自の手法により伝統的木版画にシャープな凹版の線を組み合わせ独創的な版画世界を展開。具象から心象、抽象と広いフィールドをもつ。桂、亀裂、鶏、北斎の波に加え近年は富士山をモチーフとして制作している。

黒崎彰
(版画家)
黒崎彰

1937年旧満州大連生まれ。浮世絵の伝統木版画技法を生かした現代木版画世界から、紙という素材そのものを生かし造形するペーパーワークまで、幅広い作品を生み出している。

柳澤紀子
(美術家)
柳澤紀子

美術家/前武蔵野美術大学教授。浜松市出身・掛川在住。銅版画を中心に、ミクストメディア、パブリックアートなどを制作。国内外で幅広く活動している。

坪内好子
(銅版画家)
坪内好子

帆船や地図、地球儀などのモチーフにした南蛮風の画風と日本の伝統的な金箔を融合させた独自の世界観で作品を創り上げている。